そばかすがイヤで顔をみられたくない過去

私は小学校低学年から、遺伝なのか、日に焼けてなのかたくさんそばかすがありました。
まだ低学年ならあまり気にしなかったのですが、高学年につれて、みんなおしゃれなどきにする年頃になると、自分の顔がきになりだし、そばかすを凄く気にするようになりました。

やはり一番は友達から、そばかすを指摘されるのがイヤで、人にじっと顔をみられるのがイヤで下を向いてる事が多かったように思います。

顔にコンプレックスを持つようになり小学校の時はどうする事ができませんでした。

中学になる頃には、自分からそばかすがあってイヤなんだよねぇーとか先にあらかじめいっておくと、以外に他人は気にしていないんだなぁて気づき初めて、あえて自分のコンプレックスを先に伝える事にしました。

伝える事によって、自分の気持ちも身軽になったように思えます。

高校生になる頃には、病院の看護師さんから、そばかすかわいいね!とかいわれるようになり、自分のチャームポイントなのかなぁなんて思い始めるようになり、あまり気にする事がなくなりました。

今は大人なので、化粧で隠せますし、そばかすよりも、シミ、しわの方がきになるので、美白など気をつけています。
本当にきになるようでしたら、皮膚科などでもレーザー治療がありますし、今ではそばかす専用のケア化粧品もあります。
中学生にも使えそうなものまでありますから→そばかす中学生.com

それに、何より他人は自分が思ってるより気にしていないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です